飲んだり寝たり

だいたいメモ

クリーンなRails開発環境の構築

Rails開発環境の構築(rbenvでRuby導入からBundler, Rails導入まで)- Qiitaが長かったので自分用に再編集 追加してメモ.

Bundler(のみ)のインストール

rbenv環境にインストールされた全てのgemをアンインストール(Bundler以外はrbenv環境に入れないという原理主義に馴染めなければ飛ばしてよい)

1
rbenv exec gem list | awk '{print "rbenv exec gem uninstall " $1}' | sh -xv

して, Bundlerのみ入れなおす.

1
2
rbenv exec gem install bundler
rbenv rehash

本番

Railsのインストール

1
2
3
4
5
6
7
8
cd /PATH/TO/Railsプロジェクトを作成したいディレクトリ

cat  Gemfile
source "http://rubygems.org"
gem "rails", "3.2.13"
EOS

bundle install --path vendor/bundle

プロジェクトの作成

1
bundle exec rails new APPNAME --skip-bundle

不要となったファイルを削除してAPPNAMEディレクトリに移動

1
2
3
4
5
6
rm -f Gemfile
rm -f Gemfile.lock
rm -rf .bundle
rm -rf vendor/bundle

cd APPNAME

Gemのインストール

1
bundle install --path vendor/bundle

Git関係

1
2
3
4
git init
echo '/vendor/bundle' >> .gitignore
git add .
git commit -m "initial commit"