飲んだり寝たり

だいたいメモ

インターン9日目 ローカル開発環境構築

駒形さん(@komagata)からタスクをいただいたので, 今日は準備としてローカルに怖話の開発環境を構築していた. 途中, 詰まってしまって環境構築だけで一日が終わってしまって残念.

ローカル開発環境を構築する

READMEとコチラを参考に.

$ rbenv install 2.0.0-p0
$ brew install imagemagick mysql qt
$ git clone git@github.com:fjordllc/[怖話]
$ cd [怖話]
$ bundle install --path vendor/bundle
$ cp config/database.example.yml config/database.yml

developmentとtest環境のパスワードをconfig/database.ymlに追記する. まだmySQLの設定をしていなかった場合は, 先に下を参照して行なっておく.

development:
  adapter: mysql2
  encoding: utf8
  pool: 5
  host: localhost
  database: kowabana_development
  username: root
  password: [ここに追加]
  reconnect: true
  socket:

終わったら

$ bundle exec rake kowabana:setup

すればいい…はずがUnknown database 'kowabana_development'というエラーが出て失敗する.

mysql> CREATE DATABASE `kowabana_development` DEFAULT CHARACTER SET `utf8` COLLATE `utf8_unicode_ci`;

として直接データベースを作ってやって,

$ bundle exec rake db:migrate
$ bundle exec rake db:seed

とやってやればいいみたい. 終わったら

$ bundle exec rails s

として起動すればおっけー.

テストの前には同様に

mysql> CREATE DATABASE `kowabana_test` DEFAULT CHARACTER SET `utf8` COLLATE `utf8_unicode_ci`;

としてテスト用のデータベースを作成しなければいけないことに注意. テストは

$ bundle exec rake
$ bundle exec rake konacha:run

で実行できる. テストが通らない場合は以下を試してみるといいらしい.

$ bundle exec rake kowabana:reset
$ bundle exec rake

mySQL

$ brew install mysql

後に

$ brew info mysql

でも表示される指示にしたがって

$ unset TMPDIR
$ mysql_install_db --verbose --user=`whoami` --basedir="$(brew --prefix mysql)" --datadir=/usr/local/var/mysql --tmpdir=/tmp/
$ mysql.server start
$ mysqladmin -u root password 'new-password'

としておく.

OS起動時に自動起動するようにするにはしていないが, このあたり(参照1, 参照2)を見れば良さそう.