飲んだり寝たり

だいたいメモ

独自ドメインを取得してさくらのVPSに設定する

独自ドメインを取得してさくらのVPSに設定した手順の覚え書き.


目次

  • ドメイン事業者の選択
  • ドメインの取得
  • ドメインのDNS設定
  • DNS逆引きの設定

ドメイン事業者の選択

代表的な事業者はこれらだろうか.

今回はお名前.comで取得したので, 以下, お名前.comでの手順になる.


ドメインの取得

まず, トップページで使用したいドメインを検索する.

空きドメインの検索

.com, .netなど, 使用したいドメインが登録可能ならチェックを入れて登録画面へ進む.

ドメインの選択

後は画面の指示に従えばよい. ただし, 更新忘れのドメイン失効を防ぐため, 契約更新は自動にしておくこと. また, 登録中にwhois情報公開公開代行も申し込めるなら, この時点で申し込んでおくこと. ドメインと一緒に申しこめば無料, などのキャンペーンをしていることがある.

whois情報とはドメインの登録情報のことで, 公開が義務付けられている. つまり自分の本名や住所等を, 検索すれば誰でも調べることができるようになるということ. 個人の場合このような状況は嬉しくないので, お名前.comなどに情報公開を代行してもらう.

代行してもらうと, whoisの検索結果は次のようになる.

whois情報公開代行の結果

無事に登録が終わると完了通知メールが届く. もしドメインの登録中にwhois情報公開代行を申し込んでいなければ, 早めに申し込んでおく. (お名前.comでログイン -> ドメインNavi -> ドメイン設定 -> Whois情報公開代行)

whois情報公開代行の申し込み


ドメインのDNS設定

対応させるIPアドレスが必要なので前もって確認しておく.

ログインしたら, ドメインNavi -> レンタルDNSレコード設定 と進む.

レンタルDNSレコードの設定

ドメインを選択してIPアドレスを入力し, 追加をクリックする. サブドメインは必要に応じて入力する.

IPアドレスの入力

レコードを追加したら, [レンタルDNSレコード設定用のネームサーバー(01.dnsv.jp / 02.dnsv.jp)に変更する]にチェックを入れて[確認画面へ進む]をクリックする. (ここでチェックを入れなかった場合は, 後でネームサーバの変更をしておく)

ネームサーバの変更にチェック

後は画面の指示に従えばよい. 完了後, メールが届く. 自分でもターミナルで以下のコマンドで確認しておく.

$ nslookup nomnet.net
# -> ドメインとIPアドレスが表示されればOK
# -> 表示されなければ時間を置いて再試行

DNS逆引きの設定

さくらのVPSでもDNS逆引きの設定をしておく. 公式の解説ページを見ればよい.

簡単には, VPSのコントロールパネルにログイン -> ホスト名欄の[変更] -> ホスト名を入力して[確認].

もし失敗したら, 時間を置いて再試行する.